ヘイトスピーチで炎上していた『二度目の人生を異世界で』のアニメ化が中止に

漫画版 二度目の人生を異世界で 5(MFC) 5月にTVアニメ化をお伝えしていた『二度目の人生を異世界で』のTVアニメ制作中止が決まった。理由は作者のまいんさんが過去にTwitterに投稿していた中国、韓国へのヘイトスピーチを契機とした炎上。

 まいんさんは5月5日にヘイトスピーチを行っていたことを謝罪したが、翌6日10:00にTVアニメに出演する予定だった声優陣が一斉に降板を発表。その後、書籍版の出版元であるホビージャパンが『二度目の人生を異世界で』第1巻から第18巻の出荷停止を発表。TVアニメ公式サイトでアニメ化中止が発表された。

 なお、小説家になろうで連載している『二度目の人生を異世界で』は現状そのままなので、書籍版が出荷停止となっても作品を読むことはできる。

ヘイトスピーチの内容

 中国を「厨国」「虫国」、韓国を「姦国」と表記する。「日本の最大の不幸は、隣に姦国という世界最悪の動物が住んでいることだと思う…」等。

 主に2012年、2013年のTVタックルやYahoo!ニュースを見ながら書いたTweetが問題となっている。

作品内で問題になった点

 『二度目の人生を異世界で』の主人公が世界大戦に従軍して、3,712人を斬殺したという記述も中国で問題視された。斬殺=日本刀で斬り殺した=アメリカ軍を日本刀で3,712人殺すのはあり得ないので中国。

 既に小説家になろう版では該当箇所は削除されている。

作品内で問題になりそうなのは主人公の前世設定のみ?

 ……『二度目の人生を異世界で』作者のヘイトスピーチは稚拙でどうしようも無い。しかし、作品の方はさして珍しくも無い主人公がリアルチートな異世界転生物。設定は剣術流派の当主、中国黒社会で活動、世界大戦に従軍、晩年刀匠として人間国宝になる、94歳で大往生。神様が若返らせて異世界転生。

 作品自体はエルフの皇女が仲間になる、書籍版の4巻くらいの所までしか読めていないが、主人公の素性以外で問題になりそうな点は見受けられなかった。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月04日
3位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
4位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
5位FGO 英霊剣豪七番勝負の『魔界転生』パクリ騒動に思うこと2017年10月22日
6位『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博先生が離婚したらしい2010年08月23日
7位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
8位少年マガジン『デスノート』のパクリを認め、正式に謝罪!2007年12月22日
9位機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BESTでキラの階級が判明!2005年10月15日
10位ここ20年の放送自粛アニメ一覧2008年1月16日