中学3年生の天野ゆいなさんが講談社の新人賞を受賞!

さながら駆けし破軍の如く (講談社X文庫―ホワイトハート) 20歳でも年齢をキャッチコピーにされるが、それよりもうんと若い中学3年生の天野ゆいなさん(14)が講談社X文庫ホワイトハートの新人賞を受賞した。

 受賞作『さながら駆けし破軍の如く』は6月5日より既に店頭に並んでいる。内容は「戦国時代の中国を舞台に、王宮の殺し屋集団のリーダーである少女が敵国の公子を愛してしまう物語」とのこと。

やったね!!夢の作家デビュー 天野ゆいなさん(大月一中3年)が講談社新人賞受賞
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2009/06/19/5.html

 どうでもいい注釈を付けると「公子」は貴族の子供。中国の春秋戦国時代の場合、韓、趙、魏、楚、燕、斉、秦といった諸侯の子弟となる。実質、王子。

 秦の始皇帝が中国を統一する前、孔子や孫子が活躍した時代。今から大体2800年から2200年前。

 天野ゆいなさんは『さながら駆けし破軍の如く』を昨年6月から書き始め約3カ月で完成させたようだ。山梨日日新聞には受賞作を手にした天野ゆいなさんの写真も掲載されている。あまり喜んでいるように見えない写真なので、周りの人はその辺アドバイスすれば良いと思う。小説家は小説の中身で勝負すれば良いけど、写真撮られるのなら好感を持たれるように笑顔の方が良い。作り笑顔でも。

 ちなみに応募総数は122作品だったようなので、小説の体裁を整えてさえいればチャンスはありそうだ。中学生の方はドシドシ応募してみると良いだろう。中学生の次は小学生がキャッチーなわけだけど、流石にそれは厳しいような気はしないでもない。

 12歳の文学賞というものがあるから小学生作家は既にいるわけだけど、応募資格が小学生なのでちょっと違う。

 ちなみに当サイト、テンプルナイツで一番読まれているのは小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方。個人的なことを言えば、2005年に書いたものが未だに一番人気なのは嬉しいようで嬉しくなかったりする。2009年になってもこれ以上に魅力的なコンテンツを書いてないことを証明しているから(苦笑)。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月04日
3位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
4位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
5位FGO 英霊剣豪七番勝負の『魔界転生』パクリ騒動に思うこと2017年10月22日
6位『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博先生が離婚したらしい2010年08月23日
7位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
8位少年マガジン『デスノート』のパクリを認め、正式に謝罪!2007年12月22日
9位機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BESTでキラの階級が判明!2005年10月15日
10位ここ20年の放送自粛アニメ一覧2008年1月16日