DMM GAMESの『社にほへと』が開発中止

 『艦隊これくしょん-艦これ-』や『刀剣乱舞-ONLINE-』で人気のDMM GAMESが開発していた純和風シミュレーションRPG『社にほへと』の開発中止が決定した。

 本ゲームは3月15日の公式サイトオープンに合わせて事前登録を開始。妖化(あやかし)が世に溢れ出し「神社」がことごとく瘴気に沈み魔物の巣窟となった日ノ本で、神社を擬人化した社巫娘をこの世に喚び現し、全てのもの・・・妖化さえもその力で救うというゲームだった。

 ただ、この神社の擬人化が拙かった。神社は宗教法人。事前登録のおみくじで手に入るキャラクターには「伏見稲荷」「鶴岡八幡」「住吉」「諏訪」「春日」「厳島」等が存在していたが、名称の使用には許諾が必要となる。

 おたぽるの記事によれば、キャラクター「石清水八幡」の大元「石清水八幡宮」の方は「私が広報なんですが、こうした連絡はありません。無断使用です」「あまり気持ちのいいものではないですね」と答えている。

 この件に関してはDMM GAMESは「本ゲームは『神社』をイメージした『フィクション』である内容のため、実際に実在する人物・建物・団体とは一切関係はございません。また、実在する地域や神社等の関係性につきましても、一切関係がございません」と答えている。

 しかし、結局のところ、クオリティの確保、安定的なサービスの提供に支障があるとして開発中止が決まってしまった。

 一方、このクオリティ確保に関してはシナリオライターの鈴木一也さんがTwitterで「実に無念だ。ユーザーも楽しみにしてくれていたし、開発も遅れてはいたが順調だった。小林さんのシナリオも上がり、わしのシナリオもすでに書き上がり、かなり自信作であった……」とTweetしており、クオリティ面の問題ではない可能性が示唆されている。

 ……宗教法人の名称無断使用、宗教法人の娯楽作品への利用許諾がなかなか出ないことが最終的な開発中止に繋がったと考えるのが自然では無いだろうか。まあ、個人的には天照大神などの神様の擬人化で作り直して再出発があるような気がしないでもない。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月04日
3位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
4位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
5位FGO 英霊剣豪七番勝負の『魔界転生』パクリ騒動に思うこと2017年10月22日
6位『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博先生が離婚したらしい2010年08月23日
7位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
8位少年マガジン『デスノート』のパクリを認め、正式に謝罪!2007年12月22日
9位機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BESTでキラの階級が判明!2005年10月15日
10位ここ20年の放送自粛アニメ一覧2008年1月16日