オタクの為のフォントを研究した同人誌『書体の研究』が商業化!

 『新世紀エヴァンゲリオン』『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などのタイトルロゴに使われている書体を研究したゆず屋の同人誌『書体の研究』が11月3日に商業化される。

 本のタイトルは『書体の研究 for Digital Creators』で、出版社は晋遊舎になるとのこと。価格は2,625円。好きな作品で使われている書体が分かると同人誌のタイトルやMAD動画でロゴをでっち上げる時に凄く便利だが、まさか商業化するほどの需要があるとは思わなかった……。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位コミケ98のサークル数でFateが大幅減! ただし、コミケ中止や延期の可能性も2020年03月16日
2位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
3位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月8日
4位SIE、PS5のシステム設計を解説! 基本スペックも公開!2010年03月19日
5位新型コロナウイルスの致死率は10代20代30代では0.2%、80歳以上は14.8%2020年03月22日
6位機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BESTでキラの階級が判明!2005年10月15日
7位PS5はPS4 ProモードとPS4モードを搭載! PS1・2・3の互換は無いっぽい2020年03月19日
8位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
9位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月04日
10位アップル、iPad ProとMacBook Airの2020年モデルを発表!2020年03月19日