フィギュアのような3Dモーションキャプチャデバイスが発表に

 未踏ソフトウェア創造事業 未踏ユース部門に採択されたSoftEther(現PacketiX VPN)で知られる株式会社ソフトイーサがフィギュアのような3Dモーションキャプチャデバイスを発表した。

 フィギュアのようなデバイスは各関節にセンサーを内蔵しており、USBを経由して。PC上のCGモデルが同じポーズを再現。この製品を利用すれば誰でも簡単にPC内の人型キャラクターを操作でき、静止画、3Dアニメを簡単に作成。3Dゲームのモデルにも応用できるとしている。

 現在は製品化に必要な設計の大部分が終了。量産の為の準備を行っている模様。同製品に使われているQUMA技術はマンガ制作ソフトウェア「ComicStudio」の株式会社セルシスと電気通信大学発のベンチャー企業ビビアンとの共同開発とのこと。

YouTube QUMA

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日