中国の同人サークルも女性が多数!

 「日中文化交流」と書いてオタ活動と読むで、中国広東省の広州で行われた同人イベントのレビューが掲載されている。創作物は同人誌、同人ゲーム、同人音楽CDで、サークル側は女性の方が多かった模様。ジャンルはBLから一般向けまで幅広く。

 日本でも、コミケなどは女性サークルの方が多いんですが、中国も同じ。女性には漫画やイラストを描きたいという遺伝子でも備わっているんでしょうか。

 オタク文化、「コミケ」はエロな女性たちに浸食されまくり? というlivedoorニュースの記事によると、コミケ入場者数は男女半々。サークル側は女性7割。

 Wikipediaによると、第1回コミックマーケットから一貫して女性参加者が多く、女性サークルが男性サークルを下回ったことはない。参加者は中学生から30代が中心で、下は数歳から上は70歳後半とのこと。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日