公の場で、着メロを鳴らすのは著作権侵害……裁判所が棄却!

 7月に紹介した携帯電話の着メロを人前で鳴らすと著作権侵害になるという米作曲家・作家・出版社協会(ASCAP)の申し立てを裁判所が棄却した。「着メロは演奏、著作権を侵害」の主張、裁判所が棄却より

 この申し立ては人前で着メロを鳴らすのは演奏であり、演奏なのだから著作権料を支払う必要があるというもの。結局、連邦裁判所は「携帯電話利用者は、利益を期待して着メロを鳴らしているわけではない」とし、着メロを人前で鳴らすことに法的責任は発生しないと判決を下したようだ。

 これを受けて、アメリカ市民権団体の電子フロンティア財団は消費者の勝利だと述べ、営利目的でない演奏は著作権を侵害しないことが明確に示されたとしている。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月04日
3位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
4位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
5位FGO 英霊剣豪七番勝負の『魔界転生』パクリ騒動に思うこと2017年10月22日
6位『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博先生が離婚したらしい2010年08月23日
7位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
8位少年マガジン『デスノート』のパクリを認め、正式に謝罪!2007年12月22日
9位機動戦士ガンダムSEED DESTINY COMPLETE BESTでキラの階級が判明!2005年10月15日
10位ここ20年の放送自粛アニメ一覧2008年1月16日