実写映画『僕は友達が少ない』は2014年2月1日公開!

僕は友達が少ない9 (MF文庫J) ライトノベル原案の実写映画『僕は友達が少ない』の公開日が2014年2月1日に決まった。羽瀬川小鷹は瀬戸康史さん、三日月夜空は北乃きいさんが演じる。

 なお、ストーリーは「友達とは何か?」という不器用なほど真っ直ぐな問いが込められたオリジナルストーリー"になるとの触れ込みだったが「隣人部」でリレー小説を書いたり、カラオケに出かけたり、あらすじ前半はラノベ通りとなっている。

ストーリー

 聖クロニカ学園。父は日本人、母はイギリス人。金髪のハーフ、しかも目つきが悪いことから、いじめられることもある高校2年生、羽瀬川小鷹は友達ができずいつもひとりで過ごしていた。

 忘れたケータイを取りにクラスに戻ると、エア友達と会話している風変わりな美少女、三日月夜空とばったり出くわす。とことん自己チューだが、「手っ取り早く友達をつくりたい」と吐露する夜空を前に、小鷹も「いつか本当の友達に巡り会いたいと思ってる」と本音を口にする。間もなく夜空は、「隣人部」なる友達作りをするクラブを発足。小鷹は無理矢理、入部させられる。

 やがて、学力、スタイルともに完璧なお嬢様の柏崎星奈、いじめられっ子の美少年楠幸村、天才発明少女の志熊理科、ゴスロリファッションの妹羽瀬川小鳩、10歳のシスター高山マリアといった、自分の世界を持つがゆえに孤立している面々が加わり、「隣人部」は活気づいていく。ただ集まり、思い思いに過ごしつつ、リレー小説を書いたり、ときにはみんなでカラオケに出かけたり、海岸で花火をしたりと、人並みの思い出を育むことになる部員たち。

 ところが夏休み直前、かねてより小鷹たちをよく思っていなかった生徒会長、西園寺の横暴によって「隣人部」は廃部に追い込まれる。さらに困ったことに、理科が発明したバーチャル世界でギャルゲーをリアルに体験するゲーム機に星奈がハマってしまい、仮想ワールドでリア充する「ひきこもり」になってしまう。星奈を助けるために、ゲームの世界に飛び込む小鷹たちだが・・・・・・。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日