総務省、データ通信量の少ないユーザー向け低額プランを義務化

 総務省がスマートフォンの料金を抑える為、第4世代の4G携帯電話からデータ通信量の少ないユーザー向け低額プランを儲けるよう義務づけると日経新聞が報じた。

 4GはLTE(3.9世代)の最大10倍の高速通信が可能で、2016年にサービス開始を目指している。総務省では第4世代の周波数の割当審査時に料金計画の提出を義務づけ、通信量の多いユーザーと少ないユーザー向けの料金プランが無ければ周波数を割り当てない予定だ。

 通信量の少ないユーザー向け低額プランがMVNO並なら凄いが、MVNOとキャリアプランの間と考えれば、音声通話と月1GBの高速データ通信で月額2,980円(税別)のワイモバイルぐらいが目安か。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日