シミュレーションゲームの父シド・マイヤーが語るプレーヤー心理

 米サンフランシスコで現地時間の3月13日まで開催していたゲーム開発者を対象としたカンファレンスイベント『GDC 2010』で、シミュレーションゲームの父の異名を持つシド・マイヤーさんが基調講演を行った。

 講演名は「The Psychology of Game Design(ゲームデザインの心理学)」で、ゲームプレイ中に起こる心理学的コンセプトとして、うぬぼれ、妄想、思いこみ、自滅行為を挙げたようだ。

 その後、シド・マイヤーさんが示した3つの例は「勝利のパラドックス」「報酬と罰則」「難易度」。

 勝利のパラドックスは、現実世界ではごく一部の人だけが手に入れる勝利も、エンターテインメントではプレイヤーを含む主人公が多くの場合、勝利を手に入れる。ランボーは勝負に勝つし、シャーロック・ホームズは必ず事件を解決する。プレイヤーは常に満足感、達成感を求めているので、そのことを理解する。

 報酬と罰則は、プレイヤーは誉められることは当然と受け取るが、罰や失敗はどうしてそうなったのかがプレイヤーにとって理解できないと2度と遊んで貰えなくなることがある。次ぎに同じ失敗をしないようプレイヤーが学習できる構造になっている仕組みが大切。また、ゲーム開始15分間は報酬を与え続け、楽しく遊んで貰えるようにし、不安を与えないようにするべき。

 難易度は、簡単、普通、難しい、とても難しいではなく、9つくらいあった方が良い。プレイヤーに平均以上と思わせることが大事。プレイヤーは常にスターで好感を持ってもらうことが重要。

 他にも、プレイヤーが実際にどんな場面でワガママなのかを説明した「Moral Clarity」や「Civilization Revolution」の戦闘システム開発中に気付いたちうエピソードを語っている。勝率75%で負けたら起こるのに、勝率25%で勝っても自身を正当化するなど。

 興味がある人は以下の記事をチェックすると良い。

【GDC2010】伝説のゲームデザイナー、シド・メイヤーが語るゲームデザインとは…GDC基調講演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100313-00000005-isd-game

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日