ハッキングして有罪を認めたら、企業からオファーが殺到?

ハッキングツール・プログラム大全 スラッシュドットによると、100万代台以上のPCによって構成されたボットネットや大規模なクレジットカード詐欺に使用されたソフトウェアを書いた18歳の少年ハッカー(クラッカー)が話題になっているようだ。

 18歳の少年は、有罪を認めたにも関わらず釈放され、ニュージーランド警察やコンピュータ企業からオファーが殺到しているとのこと。

 こういう話を聞くと、コンピュータ詐欺および不正使用取締法違反で有罪となった後、ハーバード大学で博士号を獲得し、マサチューセッツ工科大学の教授に就任したモリスワームの作者ロバート・T・モリス。

 釈放後にFBIに協力したり、メール暗号化サービスを手がける企業の顧問に就任したケビン・ミトニックら初期の超有名クラッカー達と同じ道を辿っていると感じる。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日