Windows ReadyBoost対応USBメモリ 2GBが3199円

 Windows VistaからWindows ReadyBoost機能が搭載されている。この機能は、USBメモリなどのフラッシュメモリを利用してHDDのランダムアクセスをアップさせ、アプリケーションの起動速度などを向上させるもの。使用に当たっては、メインメモリより同じか多い容量のフラッシュメモリが推奨されているが、2GBの対応をうたうモデルでも、3,199円と手に入れやすい価格なので、購入してみた。

 私が購入したのは、200倍速をうたうA-DATAのReadyBoost対応 USBメモリ PD7-200X Silver 2GB。楽天市場の上海問屋で3,199円。読込み速度33MB/s。書込み速度22MB/s。

PD7-200X Silver 4GB


 4GBモデルでも、5,999円と手頃だが、あいにくPCのメモリが1GBなので2GBでも2倍と十分と思い2GBにした。一応、ReadyBoostで扱える最大容量は4GBなので、限界一杯の4GBモデルを購入した方が後から4GBにすれば良かったと思うことも無さそう。

遅いHDDにこそ“よく効く”Windows ReadyBoost
「Windows ReadyBoost」でどれだけWindows Vistaが軽くなるのか?
特別編 Vistaの知られざる機能を探る――USBメモリーでパフォーマンスが上がる!?“ReadyBoost”とは何か

 レビューの方は、インプレスや日経BPやASCIIが詳しく記事にされているので、そちらを参照してもらうとして、私の場合はHDDへのアクセス数がかなり減っているみたいだ。

 理由は省電力設定にしてあると使っていないHDDが一定時間後に電源が切れるようになっており、メイン以外のHDDの電源が切れていることだ。1GBメモリの時はそのHDDが仮想メモリとして使われていて電源が切れなかったのに、USBメモリを指した後は電源が切れている。私はこれだけで十分、体感できる価値があった。

 Vistaを利用されている方で、新しい機能は面白そうなので使おうと思う人やちょっとでもPCを早くしようと思う人などはWindows ReadyBoostを試されてみてはいかがだろう。

マイクロSD カード 1GB

 ちなみに、私が購入した上海問屋はSDカードやmicroSDカードも安いことで有名。ケータイ用に1GBを1,599円で一緒に購入した。音楽の著作権保護を目的としたSDMI準拠のでも1,680円だった。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日