6トンの人工衛星が落下、人に当たる確率は3200分の1

 NASAが今月末にも人工衛星「UARS」が大気圏に突入すると発表した。UARSは1991年に打ち上げた大気観測衛星で、重さは6トン。2005年に運用を終え、現在は高度250km付近を漂っている。

 このUARSが9月下旬から10月下旬にかけて大気圏に突入するようだ。試算では破片が落ちるのは日本を含む世界の広い範囲で、大部分は燃え尽きるが26個の破片(計532kg)が燃え尽きずに地表まで落下。破片が世界の誰かに当たる確率は3200分の1(自分に当たる確率は21兆分の1)とのこと。

衛星の破片、落ちるかも 人に当たる確率3200分の1
http://www.asahi.com/science/update/0910/TKY201109100155.html

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日