角川グループ社長が語るMAD動画との付き合い方

 YouTubeのMADムービーに公認を与えている角川グループの会長兼CEOである角川歴彦さんがMADへの考えを明らかにした。

 主な発言は、YouTubeは『日本のコミケ(同人誌販売イベント)と同じだ』や「作家が嫌がるMAD(二次創作動画)は排除するが、作品への敬意があるMADは認めていく。キーワードは『愛』」とのこと。

「YouTubeはコミケ」「キーワードは愛」--角川社長が語るMADとの付き合い方

 また、YouTubeに投稿された動画の中で、著作権侵害動画が最も多かったのは角川グループのアニメ作品だった模様。そこで角川が取った作戦が裁判ではなく、合法的なサービスとして発展させることだったようだ。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位アニメ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』制作決定! 構成・脚本は福井晴敏2016年03月29日
5位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
6位ラブライブ!声優の新田恵海にAV出演疑惑!? 所属事務所は完全否定2016年04月05日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位監禁王子、ハルヒやホスト部に続いてCLANNADのコスプレで出廷!2007年10月06日
9位CG集を児童ポルノ違反で初摘発! 20年以上前の写真集を元に作成2013年07月11日
10位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日