ドイツでの日本漫画売り上げランキング

不器用なサイレント (ビーボーイコミックス) ドイツでの日本漫画売り上げランキングがULTIMO SPALPEENで取り上げられていた。それによると、1位NARUTO。2位ONE PIECE。3位覇王・愛人と続く模様。また、ランキングの中身としては、BL系が強いみたい。

 個人的には少女漫画が強いがする3位と5位紳士同盟†と6位ふしぎ遊戯 玄武開伝と9位ロッキン★ヘブン。ただ、TOP10にBLが入っているのは確かに異様。BLがニッチじゃなくてメジャー化してる。

2007年11月期

1.「NARUTO」第27巻 (Carlsen)
2.「ONE PIECE」第45巻 (Carlsen)
3.「覇王・愛人」第7巻 (Egmont)
4.「魔法先生ネギま!」第13巻 (Egmont)
5.「紳士同盟†」第7巻 (TOKYOPOP)
6.「ふしぎ遊戯 玄武開伝」第5巻 (Egmont)
7.「DEATH NOTE」第9巻 (TOKYOPOP)
8.「不器用なサイレント」第1巻(TOKYOPOP)
9.「ロッキン★ヘブン」第2巻 (TOKYOPOP)
10.「かりん」第3巻 (Carlsen)
11.「xxxHolic」第9巻 (Egmont)
12.「きみが恋に堕ちる」(TOKYOPOP)
13.「名も無きの鳥の飛ぶ夜明け」第3巻 (Egmont)
14.「花ざかりの君たちへ」第13巻 (Carlsen)
15.「Black Cat」第15巻 (Carlsen)


 一方、お隣のフランスでは、1位フルーツバスケット。2位ONE PIECE。3位NARUTO。TOP10を拾ってみても、ハガレンやネギま! D.Gray-Man、聖闘士星矢EPISODE・Gとほとんど少年漫画が並ぶ。

2007年11?12月期

1.「フルーツバスケット」第23巻
2.「ONE PIECE」第40巻
3.「NARUTO」第32巻
4.「鋼の錬金術師」第15巻
5.「魔法先生ネギま!」第11巻
6.「聖闘士星矢EPISODE・G」第11巻
7.「鋼の錬金術師」第15巻コレクター・エディション
8.「NARUTO」第31巻
9.「D.Gray-Man」第7巻
10.「NARUTO」第1巻
11.「DEATH NOTE」第6巻
12.「Bleach」第24巻
13.「NARUTO」第2巻
14.「エンジェル・ハート」第21巻
15.「NARUTO」第3巻


 ……ドイツとフランスの文化の違いなのか? ONE PIECEとNARUTOは揃って人気だけど。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日