任天堂が映画事業に参入!? マリオの3DCGアニメ映画を検討か

 任天堂が映画事業参入の為に複数の制作会社と提携交渉していると朝日新聞が報じた。任天堂の君島達己社長は朝日新聞の単独インタビューに対して「できるだけ自分たちでやっていきたい」と述べたとのこと。

 映画の第1作は2,3年後の完成を目指している。内容は不明だが『マリオ』『ゼルダの伝説』といった世界でも人気のゲームキャラクターが登場する3DCGアニメ映画が有力としている。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日