iPhone 6sはアルミニウム92.8%、亜鉛6.1%で強度が2倍以上に

 Unbox Therapyが「iPhone 6s」の筐体パーツを独自入手し、どれほどの力を加えれば曲がるかをテストした様子をYouTubeで公開した。従来の「iPhone 6」は加圧装置で13.6kgで折れ曲がり始めたが「iPhone 6s」では36.3kgまで耐えることができた。

 強度が向上した理由は筐体パーツの合金素材の変更や厚みの変更。従来はアルミニウム98%だったが「iPhone 6s」ではアルミニウム92.8%、亜鉛6.1%と割合を変更。また、フレーム部の厚みも増している。

YouTube iPhone 6S Aluminum Bend Test

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日