2010年上半期に興収10億を超えたアニメ映画は6作品

BD ワンピースフィルム ストロングワールド 2010年上半期に興行収入10億円を超えた日本製アニメ映画は6作品あったようだ。最も興行収入が高かったのは『ワンピース フィルム ストロング ワールド』の興収48億円。

 他には『名探偵コナン 天空の難破船』の興収31.9億円。『どらえもん のび太の人魚大海戦』の興収31.6億円。『クレヨンしんちゃん 超時空! 嵐を呼ぶオラの花嫁』の興収12.5億円。『ブリキュアオールスターズDX2』の興収11.4億円。『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』の興収10.66億円とのこと。

特殊映像ラボラトリー 第22回 「2010年上半期・特殊映像総決算!!」

 また、10億円以下は下記のような順番となっていた模様。ただ、涼宮ハルヒの消失や魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st等は上映中なので、最終的なものではない。

 『涼宮ハルヒの消失』は6月に興収7.7億円、劇場動員55万人の公式発表があったが、0.6億円伸ばしてきている。

『涼宮ハルヒの消失』興収8.3億円
『劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ』興収6.45億円
『レイトン教授と永遠の歌姫』興収5.89億円
『宇宙戦艦ヤマト・復活篇』興収4.3億円
『魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st』興収3.8億円
『劇場版Fate/stay night Unlimited Blade Works』興収2.3億円
『超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ奇跡の時空鳥であります!』興収2.23億円
『東のエデン劇場版I The King of Eden』興収1.5億円
『東のエデン劇場版II Paradise Lost』興収1.2億円
『よなよなペンギン』興収7800万円
『劇場版TRIGUN』興収7200万円
『劇場版“文学少女”』興収5900万円
『いぱらの王』興収5900万円(調査時上映中)
『マイマイ新子と千年の魔法』興収4800万円
『宇宙ショーへようこそ』興収4055万円(7月11日現在)
『イヴの時間 劇場版』興収2000万円

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位アニメ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』制作決定! 構成・脚本は福井晴敏2016年03月29日
5位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
6位ラブライブ!声優の新田恵海にAV出演疑惑!? 所属事務所は完全否定2016年04月05日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位監禁王子、ハルヒやホスト部に続いてCLANNADのコスプレで出廷!2007年10月06日
9位CG集を児童ポルノ違反で初摘発! 20年以上前の写真集を元に作成2013年07月11日
10位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日