一人勝ちの角川、決めてはライトノベルのマルティメディア化

 週刊 東洋経済 2009年 9/19号 [雑誌] Japanimate.comによると、経済専門雑誌の東洋経済に「涼宮ハルヒ」にみる角川の成長モデルについての記事があったようだ。出版不況下で独り勝ち、「涼宮ハルヒ」にみる角川の成長モデルより

 講談社や小学館の営業利益が赤字の中、角川は35億円の黒字。出版不況の中、一人勝ち状態を見せる角川の出版事業の売上総利益の6割は文庫。その6割をライトノベルが稼ぎ出している。

 角川はグループ内に7社17レーベルものライトノベルを出版。優れた作家をグループ内の編集者が取り合うライバル関係になっている。しかし、販売面では角川グループパブリッシングが統括、角川出版販売が店頭の販促活動を一本化し、効率的な営業活動を行ってる。

 また、角川は出版から始まったコンテンツを映像化し、雑誌とインターネットで話題を作り、さらにゲーム化、海外展開へというマルチコンテンツ化に強く、その象徴が『涼宮ハルヒの憂鬱』の文庫、コミック、TVアニメ、DVD、ゲーム、海外展開、クラシックコンサートの成功とのこと。

 この自らのコンテンツをマルチコンテンツ化で最大化する成長モデルについては上流に位置する出版部門のヒットがポイント。その為、書籍、ライトノベルの編集者はマルチメディア化を見通すメディアプロデューサーが求められている模様。

 注意:角川グループホールディングスの通期報告書をチェックすると、有価証券(株券等)の評価損を計上し、最終的には当期純損失52億500万円となっていた。一方、講談社は営業損失62億円。当期純損失76億8600万円。小学館は営業損失75億7700万円。当期純損失63億7000万円。

 その為、黒字、赤字の部分は本業の利益を示す営業利益を見る必要がある。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日