ライトノベル『狼と香辛料』がビジネス書として紹介される

狼と香辛料 (電撃文庫) 福山潤、小清水亜美といった人気声優を起用し、2008年1月から3月の間TVアニメが放送されたライトノベル『狼と香辛料』が読売新聞にビジネス書として紹介されていた。「狼と香辛料」が読売新聞の書評で絶賛されるより

 書評を行った公認会計士の山田真哉さんは会計学を扱った大ヒット新書『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の作家。さすがにビジネス5分道場として扱うにはどうかと思うけど、貨幣価値の変動というものを知るという意味では中高生にはお勧め。世の中には貨幣価値の変動だけで儲ける人もいるのだから知らないと損とも言える。

投稿者: (公開日:/最終更新日:)

テンプルナイツ記事別アクセスランキング

1位ネタバレしか存在しない『Fate/Zero』のその後の話2012年06月24日
2位画像を見るだけで分かる右脳派・左脳派チェック2007年10月10日
3位小説、ノベル、ゲームシナリオの書き方・作り方2005年10月29日
4位米マクドナルド、女性店員を全裸にして3時間半いやがらせ2007年10月08日
5位もう1つの第四次聖杯戦争『Fate/Accel Zero Order』内容と相違点2016年05月05日
6位『To LOVEる ダークネス画集 Harem Gold』に服が消えるARギミック2016年04月29日
7位PS3/Xbox 360で遊ぶことを前提とした液晶モニタの選び方2009年01月26日
8位TVアニメ『鋼の錬金術師』新シリーズは声優が11人も変更に!2009年03月06日
9位単語をバラバラにした「こんちには みさなん」が話題に2009年05月08日
10位『迷い猫オーバーラン!』のぺこさん降板は喧嘩ではない2012年02月16日